ジェフ便り

【千葉vs山口】レポート:山口のサイド攻撃に耐えて無失点で守り、狙いのカウンター攻撃などからの2得点で勝つ

福満隆貴選手「まず連戦なので、先制点を取られると試合展開も苦しくなると思うので、先制点を取られないで、先制点を取るところは大事かなと思います」

2022年04月26日 19:13 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

●福満隆貴選手:

Q:(第11節・東京V戦からの)5連戦の1試合目がすでに終わりましたが、連戦というところでの重要性などをどのように捉えているのか、そして意気込みみたいなものを教えていただけますか。

「うーん、この5連戦は今後をすごく左右するということで、大事な5連戦だと思います。1試合目が終わって残り4連戦をチームとしてもちろん全勝、そこだけを目指してやっていかないといけないと思います」

Q:その中で、前節の手応えと修正しないといけないと考えているところは、どういったところになりますか。

「先制点を取れたというのは、チームとして流れの中から取れたということで、すごくポジティブに考えているんですけど、耐える時間をしっかり耐えていかないと勝点3を取れない。もしくは追加点を取るというところは課題だと思うので、そういうところをしっかり修正して臨めたらいいかなと思います」

Q:試合の中では2点目を取るのか、(1点を)守るのかというところの意思統一は、具体的にやっていたのですか。

「いや、まあ、具体的にといいますか、別に守る気もなかったですし、追加点を取るというふうにいつもどおりゲームを運んでいたと思います」

Q:今節は山口戦ですが、今節でポイントになりそうなところはどういうところになりますか。

「まず連戦なので、先制点を取られると試合展開も苦しくなると思うので、先制点を取られないで、先制点を取るところは大事かなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「もっと速いワンタッチプレーとか、そういうものが必要になるんじゃないかなと思います」

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

小林祐介選手「チームとして声をかけながら連動してボールを奪っていきたい」

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

佐々木翔悟選手「熊本はちょっと難しいフォーメーション。最初は前から守備に行って、ハマらなかった時にチームの中でうまく修正できるかが鍵になる」

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)