ジェフ便り

【千葉vs山口】レポート:山口のサイド攻撃に耐えて無失点で守り、狙いのカウンター攻撃などからの2得点で勝つ

高木俊幸選手「その前にも1本、チャンスがあったのにシュートを外していたので、その教訓を生かして冷静にシュートコースを見て流し込むことができたと思います」

2022年04月29日 07:30 by akanuma_keiko

●高木俊幸選手:

Q:ゴールシーンについて振り返っていただけますか。

「カウンター攻撃で。自分のところにいい形でボールが渡ってきたので。その前にも1本、チャンスがあったのにシュートを外していたので、その教訓を生かして冷静にシュートコースを見て流し込むことができたと思います」

Q:前節での千葉加入後初得点と似たような形でのゴールでしたね。

「そうですね。自分はポジションが右サイドなので、ディフェンスラインの裏に抜け出すと、ああいう形が多くなると思います。ああいう形でのゴールをこれからもっと決めていきたいと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)