ジェフ便り

【千葉vs山口】レポート:山口のサイド攻撃に耐えて無失点で守り、狙いのカウンター攻撃などからの2得点で勝つ

【千葉vs山口】プレビュー:クリアの仕方とこぼれ球への素早い反応を意識し、サイドと中央を突いてゴールを狙う

2022年04月27日 11:04 by akanuma_keiko
2022年04月27日 11:04 by akanuma_keiko

千葉の上位進出のためには、勝点3を積み重ねていきたい5連戦の初戦である前節(第11節)の東京V戦。千葉のプレスをかわそうとする東京Vの選手が立ち位置を工夫したパスワーク、そして千葉のサイド攻撃を封じようとする東京Vの守備もあり、前半にボールを保持したのは東京Vだった。だが、前節の千葉は第10節・大宮戦に比べるとシュートへの積極性があり、特に見木友哉が東京Vの守備の隙を突いて仕掛けたり、前からの守備でボールを奪ったりして決定機を作った。だが、シュートの精度を欠いて先制点を奪えない。しかし、守備の修正を図った後半、福満隆貴のパスを受けた櫻川ソロモンがワンタッチパスで、前方のスペースに飛び出す高木俊幸につなぎ、高木は冷静にドリブル突破からシュート。52分の高木の千葉加入後初得点で先制した千葉は追加点奪取を狙うが、逆にボールを持てるようになった後半は、逆にパスの精度を欠くなどして前半ほど決定機を作れない。そして81分、東京Vのワンタッチパスを多用したパスワークから、一度中盤に下がることで千葉の守備陣からのマークを外した佐藤凌我に同点ゴールを奪われてしまった。勝ち越しゴールを目指す千葉だが、逆に89分、佐藤にゴールポスト直撃の決定機を作られる。その後はどちらもゴールを奪えず、1-1の引き分けに終わった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】プレビュー:CKや左右に揺さぶる攻撃に隙なく対応し、工夫を凝らした予想外の攻撃を仕掛けたい

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)