ジェフ便り

【千葉vs京都】レポート:堅守で無失点も『1点』を奪えない課題を残し、目の前で京都にJ1昇格を確定される

鈴木大輔選手「自分たちの足元を見つめて、もう一度課題にトライしていきたい」

2021年11月29日 12:57 by akanuma_keiko
2021年11月29日 12:57 by akanuma_keiko

〇鈴木大輔選手:

Q:今季最後のホームゲームで(スコアレスドローに終わったため)負けなしということで勝点1をモノにしたといえる試合でした。勝てば一番良かったとは思いますが、今日の前半は難しい時間を過ごしたと思います。試合全体の振り返りと、相手のプレスはかなり厳しかったと思いますが、後半に向けての修正をどのようにチームで共有したのか、教えてください。

「京都はJ1昇格がかかった試合で、今まで以上に球際のところで強く来ることはある程度分かっていて、こっちもシンプルにやろうということで(試合に)入りましたけど、相手のスピードや圧力に押された前半だったと思います。後半はスペースが少しずつ空いてくるなというのは感じていたので、(ボールを)奪ったあと、守備のやり方は変えずにショートカウンターでいいのかなという感覚の中でやっていました。奪ったあとにうちの逆サイドのシャドーの選手や前線の選手に簡単に(ボールを)つけることができれば、チャンスを作れるだろうなと。それで、サイドの上がりも含めてチャンスを作れていたので、後半は変わらず守備のところは我慢して、できたスペースを突きに行くというようなことを意識してやっていました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】プレビュー:CKや左右に揺さぶる攻撃に隙なく対応し、工夫を凝らした予想外の攻撃を仕掛けたい

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)