ジェフ便り

【千葉vs京都】レポート:堅守で無失点も『1点』を奪えない課題を残し、目の前で京都にJ1昇格を確定される

髙橋壱晟選手「京都にも隙がないということは絶対にないと思うので、相手の隙をしっかり見つけてプレーしていきたい」

2021年11月26日 18:55 by akanuma_keiko
2021年11月26日 18:55 by akanuma_keiko

写真=2020年2月20日撮影

○髙橋壱晟選手

Q:前節(第40節・北九州戦)は課題だった試合の締め方がよくできて、複数得点も取れましたし、いい試合運びができたと思います。改めて振り返ってみてどうでしょうか。

「試合の中で、前の2試合(第38節・水戸戦と第39節・琉球戦)が(追いつかれて2-2の引き分けで)悔しい試合だったので、全員で締めることができていたと思います」

Q:個人としても琉球戦で点が取れていますし、コンディションもすごく良さそうです。そのあたりについて、ご自身ではどのように思われていますか。

「どうですかね。…分かんないな(苦笑)。どうだろう。いいんですかね(笑)。自分自身では評価できないです」

Q:ここ最近はウイングバックからの攻撃で点が取れているシーンも増えていますが、それについてはチームとしてはどうでしょうか。

「クロス(ボール)から得点が生まれたりとか、(福満)隆貴くんもいいボールが蹴れていますし、カウンターだったりでいい攻撃ができていると思います」

Q:今季のホームゲームのラストゲームである今節は、対戦相手が京都になります。京都の印象について教えてください。

「うーん、アグレッシブなサッカーをしてくるという印象ですね。J1昇格がかかった試合だと思うんですけど、絶対に勝ってJ1昇格はさせないように、チームでやっていきたいと思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

末吉塁選手「すごくタイトなデュエルが多くなる試合だと思います。そういったところで負けないように、1対1のデュエルのところで戦っていきたい」

末吉塁選手「すごくタイトなデュエルが多くなる試合だと思います。そういったところで負けないように、1対1のデュエルのところで戦っていきたい」

尹晶煥監督「チームが今、なかなか勝てない状況の中で、後ろに下がるのではなくて、『ここでやってやろう』という気持ちが一番大事だと思う」

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

新井章太選手「最近、リスク管理のところとか少し疎かになっていたイメージがあったので、そういうところを口酸っぱく言って修正はしたつもりではいるので。そこは本当に全員が共通意識を持って全員で守りたい」

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)