ジェフ便り

【千葉vs京都】レポート:堅守で無失点も『1点』を奪えない課題を残し、目の前で京都にJ1昇格を確定される

【千葉vs京都】プレビュー:チームの着実な成長を証明する攻守を披露し、ラストのホームゲームを勝利で飾りたい

2021年11月27日 19:39 by akanuma_keiko
2021年11月27日 19:39 by akanuma_keiko

第38節・水戸戦は2-0とリードしてから、第39節・琉球戦は2-1と逆転してから、いずれも2-2に追いつかれての引き分けで、勝点3を取るべき展開ながらも取った勝点は1というもったいない試合が続いた千葉。J2残留を目指す北九州と対戦した前節(第40節)は、北九州にボールを握られる時間帯もあったが、そこで粘り強く守って北九州に決定機を多くは作らせなかった。その一方で、櫻川ソロモン、田口泰士、新井一耀の決定機を決めきれず、0-0で迎えた後半に千葉がゴールを奪う。54分、パスをうまくマイボールにできなかった見木友哉だが、結果的に櫻川とのワンツーパスのような形からのシュートを決めて先制点を奪取。その後は千葉が優位に試合を進め、70分には船山貴之のパスカットからカウンター攻撃を仕掛ける。髙橋壱晟が右サイドに展開すると、パスを受けた福満がゴール前にクロスボールを入れ、これに見木が右足で合わせて追加点を奪った。千葉は終盤の猛攻に耐えて無失点に抑え、2-0で3試合ぶりの勝利。11試合負けなし(8勝3分)で今季のホームでのラストゲームに臨むことになった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】プレビュー:CKや左右に揺さぶる攻撃に隙なく対応し、工夫を凝らした予想外の攻撃を仕掛けたい

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)