ジェフ便り

【千葉vs磐田】レポート:シュートへの意識が低いプレーが目立ち、PKで先制するもミス絡みの失点で逆転負け

見木友哉選手「(後半の失点は)ミスからですけど、ミスは誰にでもあるので、そこで同点にされた時に取り返す力が今の僕たちにはなかった」

2021年09月12日 16:39 by akanuma_keiko

〇見木友哉選手:

Q:前半は相手と対等に戦って、いい時間に先制できましたが、後半は少し後手に回った部分もあったかと思うのですが、改めて試合を振り返っていただけますか。

「前半、先制点するまでも相手陣内でパスをつないで、あと一歩のところまでいけた場面もあったので、まずはそこで点が欲しかったというのがあります。でも、前半のうちにああやって(末吉)塁くんがPKを獲得してくれて、前半を1―0で終わることができたので。でも、こうやって1-3という結果になって、(後半の失点は)ミスからですけど、ミスは誰にでもあるので、そこで同点にされた時に取り返す力が今の僕たちにはなかったという感じです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「リスクを冒すべきところは冒さないと、勝てる試合は増えてこない」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

田口泰士選手「チームとして厚みのある攻撃をもっともっと増やしていきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)