ジェフ便り

【千葉vs磐田】レポート:シュートへの意識が低いプレーが目立ち、PKで先制するもミス絡みの失点で逆転負け

櫻川ソロモン選手「僕的にはもう理不尽にゴールを決める選手になりたいので。自分1人で打開できてゴールに持っていっちゃうような選手に(なれるように)、今シーズンはそれを目標にやっていきたいなと思っています」

2021年09月10日 18:23 by akanuma_keiko

写真=2020年1月6日撮影

●櫻川ソロモン選手:

Q:前節(第28節・相模原戦)を振り返ってみても、試合を重ねていくごとにソロモン選手へのマークも厳しくなっていっているんじゃないかと思います。その前節は相手にセットプレーのワンチャンスを決められたという結果(0-1の敗戦)になってしまいましたが、改めて試合を振り返ってみていかがでしょうか。

「チームとして結果を求められている状況で、ああやって負けてしまったのは非常に悔しいですし、チームとしてもみんな悔しいと思っています。でも、内容的には試合を重ねるごとに良くなっているので、あとは本当に攻撃陣だったりがしっかり(チャンスにシュートを)決めきって、勝ちに持っていけたらなと思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「自分たちの価値を高めるために、目の前の一つひとつの試合で勝利をつかむことが大事」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「ゴール前のところでもう少し人数をかけられるように、自分も含めて積極的に攻撃参加していきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

見木友哉選手「相手のプレスを外すことが一番のポイントかなと、個人的には思います」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)