ジェフ便り

【千葉vs磐田】レポート:シュートへの意識が低いプレーが目立ち、PKで先制するもミス絡みの失点で逆転負け

尹晶煥監督「(前回対戦の磐田と)やり方は変わらないと思うんですけど、ああいう選手たちにビビらずに、恐れずにやるしかない」

2021年09月11日 09:42 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

○尹晶煥監督


Q:前節(第28節)の相模原戦は、千葉が攻撃していても、結局、ゴールネットを揺らさなければ負けてしまうというか、そういったサッカーの怖さを実感したというか、見せつけられた試合でもありました。改めてどのように試合を振り返られますか。

「今、話されたように、サッカーというのは本当に89分攻めていても1本のシュートで負けることがあるというのがサッカーなので。それで、最後まで集中してやらないといけないことを常に話をしているんですけど。本当はこの前の相模原の試合で勝って、気持ち的に(チームを)調子に乗れる雰囲気に変えていくというイメージでいたんですけど、負けてしまったので残念といえば残念です。でも、切り替えて明日の試合の準備をしなくてはいけなかったので、そういう反省もしながらまた今週も練習をやってきているので、大丈夫だと思います」

Q: 今、尹監督から『切り替え』という話もありましたが、相模原戦の試合後にも「しっかり切り替えて、次に臨みたい」ということを話されていました。尹監督から見て選手のメンタルの部分、気持ちの部分での切り替えはできているのか、雰囲気はいかがですか。

「最近はチームの雰囲気は悪くないので。内容的にもけっこう良くはなってきているんですけど、最後のクオリティはやっぱりまだまだ足りないところもみんな知っています。でも、一気にそれが伸びることもない。やっていく中で選手たちも感じることもあると思うので、継続してやっていくしかないと思います。チームはいい雰囲気です」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「自分たちの価値を高めるために、目の前の一つひとつの試合で勝利をつかむことが大事」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「ゴール前のところでもう少し人数をかけられるように、自分も含めて積極的に攻撃参加していきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

見木友哉選手「相手のプレスを外すことが一番のポイントかなと、個人的には思います」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)