ジェフ便り

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

尹晶煥監督「もちろん自分たちのサッカーをやらないといけないとは思います。ただ、守備の時間が長くなると思うので、その集中力のところを90分間保っていれば、僕らにもチャンスは絶対あると思う」

2021年07月21日 08:18 by akanuma_keiko
2021年07月21日 08:18 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

〇尹晶煥監督:

Q:(東京五輪開催による)J2リーグ戦中断前の4試合は2勝2分で、特に失点が2というのはかなり良かったのではないかと思います。尹監督はどう捉えていますか。

「うーん、(失点は)もっと減らすつもりだったんですけどね。2失点して、負けていないことはいいんですけど、やっぱり失点しちゃいけないところで失点したことがあったので。まあ、ネガティブに考える必要はないなと思います。フォーメーションが変わって、選手たちも少しずつ分かってきたような気もするし、みんなが『あっ、これでいけるんじゃないかな』という雰囲気もあるので、この4試合はすごく流れが良かったんじゃないかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新明龍太選手「自分の特長である推進力だったり、常にゴールを意識したプレーだったりを、練習から出していってアピールしていきたい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

近藤壱成選手「今季の目標は試合に出てチームの勝利に貢献すること。試合に出るために何をしなきゃいけないのかというのを365日考えて生活したい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

小森飛絢選手「大卒のルーキーイヤー二桁ゴール。自分が千葉での第一号になりたい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)