ジェフ便り

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】プレビュー:Jリーグ界の『絶対王者』の川崎に隙を作らせ、そこを突く攻撃と粘り強い守備で戦う

2021年07月21日 08:26 by akanuma_keiko

東京五輪開催による中断期間前の最後の試合となったJ2リーグ戦第23節・金沢戦で、千葉は決定機数では金沢よりも少なかったものの2-1と競り勝った。見木友哉の先制点は攻め上がった3バックの右サイドの新井一耀からのクロスボールからで、3バックの両サイドの選手の攻撃参加が実ったものだった。また、勝ち越しゴールとなった船山貴之の得点は、FKからすぐにゴールは奪えなかったものの、クリアボールを拾ってのサイド攻撃だった。小田逸希のクロスボールを見木、新井一が競りに行き、見木が触ったボールをうまく船山が拾ったもので、セットプレーのあとの流れだったとはいえ、ゴール前に人数をかけた攻撃が結実した得点だった。ただし、ボールを保持していたわりには決定機を多く作れなかったのは、フィニッシュに持っていくところの攻撃の形のバリエーション不足と連係不足、選手個々のパスやシュートなどの細部のプレーの精度不足が原因だ。

今季の公式戦は無敗で、J1リーグ戦で首位に立つ川崎は、その得点力に目が行くものの、守備も堅い。その相手からゴールを奪うには、そうは簡単に見せない隙を一瞬でも見せたところを確実に突き、そのワンチャンスでゴールを奪いきる決定力が千葉には必要だ。直近の公式戦は2勝2分の千葉は、その4試合ではすべて得点しており、課題の決定力不足を克服しつつあるが、安田理大が語った『絶対王者』の川崎を相手にも決定力を発揮できるか。千葉の地力が試される一戦となる。川崎が古巣となる新井章太は、川崎には突くべきポイント=弱点がないと言い切ったが、千葉が川崎の予想を超えるような攻撃を仕掛ければ、突ける隙を相手に作らせることもできるかもしれない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

見木友哉選手「やっている時は楽しかったですけど、勝たなきゃ意味がない」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

安田理大選手「結果は負けてしまいましたけど、自信を持っていいと思います」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)