ジェフ便り

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

見木友哉選手「やっている時は楽しかったですけど、勝たなきゃ意味がない」

2021年07月23日 10:11 by akanuma_keiko

○見木友哉選手:

Q:本当にいい先制点だったと思います。あの先制点の場面は前線の3人の選手のいい連係がありましたが、先制点についてと、前線の連係の成熟度について教えてください。

「得点のところは、自分が前を向いた時に船山(貴之)選手がいい形で顔を出してくれたので、そこでリターン(パス)をもらうことができて(シュートを)決めることができました。今日に関しては、3人でのコンビネーションというか、そういう部分はあんまり出せなかったですけど、サウダーニャが加入した当初よりは良くなってきていると思うので、後半戦もそこが良くなればチームとしてもっともっと良くなると思います。ただ、もうちょっとレベルを上げていきたいなと思います」

Q:今日はかなり相手にボールを持たれて難しい試合だったと思いますが、粘って我慢というところもあったと思います。改めて今日の試合の狙いはどこにあったのか、そして試合を振り返ってというところを教えてください。

「相手が川崎ということで(ボールを)持たれるのは想定していました。ただ、全部持たれるときついので、マイボールの時は大事にすることと、行ける時はハイプレスを仕掛けようということは、チームとして(狙いが)ありました。でも、ハイプレスにはそんなに行けなかったので。それでも、粘り強くブロックを敷いて守れたのは良かったのかなと思います」

Q:これからJ2リーグ戦の中断期間に入りますが、個人としても、チームとしても川崎と対戦した手応えを中断期間にどう生かしていきたいと考えられていますか。

「守備のところは川崎が相手でもこれだけやれたということに手応えもありますし、J2でもそんなに失点はしていないので、そこは自信を持ってやっていっていいのかなと思います。でも、攻撃の部分はもうちょっと全体的に良くしていかなくちゃいけないのかなと個人的に思っているので、中断期間はその攻撃の部分によりフォーカスしてよくなっていければなと思います」

Q:試合結果もありますが、正直、この試合は楽しかったですか。悔しかったですか。

「やっている時は楽しかったですけど、勝たなきゃ意味がないので。そこは悔しいです」

Q:勝てるチャンスはだいぶあったと思いますが、川崎との差はどこかで感じましたか。

「個人の質とかはもちろん高いですし、チームとして何年もああいうパスサッカーをやっているので、そこのポジショニングとか一人ひとりの判断の質というのは差を感じました」

Q:その中で、個人としては公式戦3試合連続ゴールですが、調子が上がってきて、正直、中断期間に入るのはもったいないなと思われますか。

「3戦連発で(ゴールを)取れたということで、そのまま行きたい気持ちもありましたけど、まあ、疲労もだいぶ溜まっているので、そこはいいリフレッシュにできればなと思います」

Q:今のお話の中で、だいぶできたところもあるということでしたが、あくまでも個人として川崎という強い相手に、自分の技術面や判断の面でできた部分の手応えは具体的にありますか。

「ボール扱いの部分は自分のストロングポイントだと思っているので、そこはある程度はできた部分もありましたけど、何回か(川崎の選手にボールを)取られてしまったところもあるので。そこが自分の長所でもあるので、そこでボールを失わなかったり、そういうところはもっとレベルアップできればなと思います」

関連記事

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

福満隆貴選手「得点チャンスがありながら、なかなか得点が取れていなかったので、得点が取れたというのはホッとしています」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

田口泰士選手「いい守備からいい攻撃というのが体現できた」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)