ジェフ便り

【千葉vs相模原】レポート:ロングスローからの連続シュートに耐えきれず、セットプレーを生かせずに無得点で敗戦

【千葉vs相模原】プレビュー:連動性の高いアグレッシブな守備を継続し、ゴール前への入り方を工夫して得点を狙う

2021年04月25日 09:26 by akanuma_keiko

第8節・栃木戦では、栃木のハイボール多用の攻撃とターゲットになる矢野貴章への対策として、試合のスタートから3バックのフォーメーションを採用した尹晶煥監督。守備は1-0で勝った第7節・金沢戦から連続無失点の成果を出した一方で、得点はゼロに終わったものの、米倉恒貴と小田逸希の両ウイングバックが回数の多い上下動を見せるなど、選手の持ち味を効果的に発揮した。それもあって3バックを継続した前節(第9節・水戸戦)は、中盤をダブルボランチではなく小林祐介をアンカー、見木友哉と髙橋壱晟をインサイドハーフとする形で臨んだ。特に米倉が何度もタイミングとスピードのいい攻め上がりから精度の高いクロスボールを上げたが、そこでペナルティエリアに入ってくるのは2トップの大槻周平と福満隆貴だけという場面が少なくなかった。アグレッシブな守備で試合を優位に運び、主導権を握っていた割には決定機が3回ほどという一戦だったが、交代出場の櫻川ソロモンが小田からのスルーパスを冷静に決めて、1-0での勝利となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「リスクを冒すべきところは冒さないと、勝てる試合は増えてこない」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

田口泰士選手「チームとして厚みのある攻撃をもっともっと増やしていきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)