ジェフ便り

【千葉vs相模原】レポート:ロングスローからの連続シュートに耐えきれず、セットプレーを生かせずに無得点で敗戦

尹晶煥監督「自分たちがどれだけ強く相手のボールを奪いに行ったり、攻撃で積極的に前に行ったりできるか。そこの勝負(のポイント)になるんじゃないかなと思います」

2021年04月25日 06:29 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

○尹晶煥監督

Q:前節(第9節)の水戸戦の勝利は本当に嬉しかったのですが、今季の勝利はアウェイでの3試合ということで、今節のホームでの試合(相模原戦)は本当に大事で、勝点3に期待しているファン、サポーターも多いと思うのですが、そのあたりについてはどうでしょうか。

「一番もどかしいところですね。僕も勝ちたいんですけど、なかなかホームで勝てていないところがちょっと悔しいところですね」

Q:水戸戦は3-5-2という、アンカーを置く形で、見事な勝利だったと思います。改めてそのあたりの手応えと、中3日で時間がない中での(相模原との)戦いになりますが、どのような修正をされたのか、教えてください。

「3連戦の最後の試合なので、疲労は溜まっていると思いますけど、それは僕らだけじゃなくて、たぶん向こうもそうだと思うので。まず『走ること』で負けないようにするのが一番大事じゃないかなと思います。システム的には、ちょうど今、うちの選手たちが持っている能力を発揮するような、うまく表現できるようなフォーメーションになっているんじゃないかなと思っています。ただ、明日は相手がどういうふうに出てくるか分からないですけど、運動量やメンタリティのところで負けないことがすごく大事になると思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

サウダーニャ選手「(ゴールは)自分の得意な形でもありました。ただ、そのためにはしっかりとした準備があってこその得点だった」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

【長崎vs千葉】プレビュー:新監督で今季初の無失点勝利の長崎の勢いを止め、泥臭く、我慢強く戦って3連勝を狙う

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)