ジェフ便り

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

増嶋竜也選手「試合中にトリ(鳥海晃司)がもう泣いていたので、あの顔を見たら最後はもう涙を流しながら試合をしていました」

2020年12月21日 18:52 by akanuma_keiko

●増嶋竜也選手:

Q:(会見の司会者から)まず今日の試合の感想をお願いいたします。
「最終節ということもあって、勝って終えられてホッとしています」

Q:キャリア最後の90分間が増嶋選手にとってどんな90分間だったのか、教えてください。
「うーん、そうですねえ。どうしても90分間出たかったので、まず体力の部分が持つかなと思いながら試合をしていましたけど。でも、思った以上に冷静に前半からできたし、チームとしても流れがいい中で、まあ、失点してしまいましたけど、試合の運びとしては自分の中でも悪くなかったと思います。右サイドバックでしたけど、右サイドバックで自分ができる最大限は出したつもりなので。どうですかね。なんか、できれば点を取ってやりたかったですけどね。点を取れば、なんか俺らしいかなと思ったけど。これくらいでいいです(笑)」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs甲府】レポート:攻守両面で昨季からの課題が残った内容ながらも何とか勝点1をもぎ取った開幕戦

【千葉vs甲府】レポート:攻守両面で昨季からの課題が残った内容ながらも何とか勝点1をもぎ取った開幕戦

岩崎悠人選手「チームとしては“入り”で少しバタバタしてしまったところがあった」

【千葉vs甲府】レポート:攻守両面で昨季からの課題が残った内容ながらも何とか勝点1をもぎ取った開幕戦

ブワニカ啓太選手「チームを勝利に導けなければ本当に意味がないので。今日は1点しか取れなかったですけど、次節からは2点、3点と(取れるように)、チームとしてどんどん成長していけたらなと思っています」

【千葉vs甲府】レポート:攻守両面で昨季からの課題が残った内容ながらも何とか勝点1をもぎ取った開幕戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)