ジェフ便り

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

新井章太選手「取ったあとのボールをいかに大事につなげるかというのが、うちの課題でもあるので、最終節は本当にうまくいい形につなげていけたらなと思いますね」

2020年12月19日 11:23 by akanuma_keiko

写真=1月6日撮影

○新井章太選手

Q:今季、一番長くピッチに立っている選手としてまずお聞きしたいのが、今季はいい試合もあったし、悪い試合もあって、チームに波があったシーズンだったと思うのですが、この波というものをどう感じていますか。

「波があったのは事実ですし、普段のところからしっかりみんなの共通意識として試合のためにどう練習していくかとか、そういうところをもっともっと選手個人として、チームとして高めていかないといけないなというのはシーズンを通して感じましたし、そこは本当に細かいところであったりとか、チーム全体としての意識をもうちょっと1日、1日、高めていけたらなという反省は今、ありますね」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「守備のところについて言いながら、攻撃のところにも(トレーニングで)さらに少し力を入れました」

【愛媛戦直前レポート】尹晶煥監督「守備のところについて言いながら、攻撃のところにも(トレーニングで)さらに少し力を入れました」

鈴木大輔選手「(愛媛は)ハードワークしてくるなと。スペースに走ってくる選手が多いというのは印象的だったので、そこに対して僕たちがどういう守備をするかは大事になる」

【愛媛戦直前レポート】尹晶煥監督「守備のところについて言いながら、攻撃のところにも(トレーニングで)さらに少し力を入れました」

大槻周平選手「(愛媛は)前線からけっこう守備をしてくるというところがあるので、そういったところを裏返せればチャンスになるのかなと思います」

【愛媛戦直前レポート】尹晶煥監督「守備のところについて言いながら、攻撃のところにも(トレーニングで)さらに少し力を入れました」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)