ジェフ便り

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

【千葉vs北九州】プレビュー:プレスをかわすアイデアのある多彩な攻撃、マークミスのない守備の実践で勝利を狙う

2020年12月20日 08:35 by akanuma_keiko

 

今季のJ1昇格を逃したあと、千葉の選手は一桁順位を目指した。だが、J2リーグの終盤戦で連勝できず、その目標も達成できなくなった。今の千葉が今節で目指せるものは勝利しかないが、今季の千葉にとってフクアリの勝利はなぜか難しいものだった。それは、今季のここまでフクアリで開催された20試合の戦績である5勝4分11敗という数字に表われている。フクアリで試合が開催された時の千葉のチーム状況、そして相手のチーム状況の組み合わせによるものなのか、今季の千葉はフクアリで強い姿をなかなか見せられてこなかった。だが、最終節の今節こそは、今季の選手とチームが努力を積み重ね、身に着けてきた成長の証といえる『強い姿』を見せ、フクアリで勝つ姿を見せる時だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs甲府】レポート:攻守両面で昨季からの課題が残った内容ながらも何とか勝点1をもぎ取った開幕戦

【千葉vs甲府】レポート:攻守両面で昨季からの課題が残った内容ながらも何とか勝点1をもぎ取った開幕戦

岩崎悠人選手「チームとしては“入り”で少しバタバタしてしまったところがあった」

【千葉vs甲府】レポート:攻守両面で昨季からの課題が残った内容ながらも何とか勝点1をもぎ取った開幕戦

ブワニカ啓太選手「チームを勝利に導けなければ本当に意味がないので。今日は1点しか取れなかったですけど、次節からは2点、3点と(取れるように)、チームとしてどんどん成長していけたらなと思っています」

【千葉vs甲府】レポート:攻守両面で昨季からの課題が残った内容ながらも何とか勝点1をもぎ取った開幕戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)