ジェフ便り

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

熊谷アンドリュー選手「1年間やってきた自分たちのサッカーをしっかり出せるように。失点をゼロで、チャンスは少ないかもしれないですけど、それを決めきって勝ちきるというのを出したいと思います」

2020年12月18日 19:34 by akanuma_keiko

写真撮影=2月20日

●熊谷アンドリュー選手:

Q:今季は早かったようで長かったような、濃密でイレギュラーなシーズンだったと思います。その今季にキャプテンを引き受けていろいろとたいへんだったところもあったと思うのですが、まだ最終節は残っている中ですが、改めてそのあたりを振り返って教えていただけますか。

「チームもこういう順位でなかなかいいシーズンではなかったというのが、今年の感想なんですけど、その中でもチームメートのみんなは勝てない時もどうにか試合に勝つために行動だったり、発言だったりをしてくれたので、その部分には感謝しています。でも、ホームでの勝利数が少なかったというのは、サポーターの皆さんに申し訳ないなと思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「守備のところについて言いながら、攻撃のところにも(トレーニングで)さらに少し力を入れました」

【愛媛戦直前レポート】尹晶煥監督「守備のところについて言いながら、攻撃のところにも(トレーニングで)さらに少し力を入れました」

鈴木大輔選手「(愛媛は)ハードワークしてくるなと。スペースに走ってくる選手が多いというのは印象的だったので、そこに対して僕たちがどういう守備をするかは大事になる」

【愛媛戦直前レポート】尹晶煥監督「守備のところについて言いながら、攻撃のところにも(トレーニングで)さらに少し力を入れました」

大槻周平選手「(愛媛は)前線からけっこう守備をしてくるというところがあるので、そういったところを裏返せればチャンスになるのかなと思います」

【愛媛戦直前レポート】尹晶煥監督「守備のところについて言いながら、攻撃のところにも(トレーニングで)さらに少し力を入れました」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)