ジェフ便り

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

2020年12月22日 11:58 by akanuma_keiko

今節で観戦や取材のためにフクアリを訪れた人々の多くが、フクアリに向かう途中で、千葉から発表された契約満了のリリースで現役続行の意思を表明していた増嶋竜也の現役引退を知り、驚いたことだろう。試合に勝ちたいとか、ホームゲームだから勝ちたいというシンプルな思いのほかに、今節の千葉の選手たちにはすでに現役引退を発表していた田坂祐介、佐藤寿人、そして増嶋を勝ち試合という結果を出すことで、笑顔で送り出したいという願いがあった。また、試合後のオンラインでの記者会見で「何とか勝って最後はみんなで笑って終えたいなという思いがあったので。仲間には試合前に『とにかく今日は勝ちたいんだ』という思いを伝えました」と話したように、自ら勝ち試合にしたいという願いを告げていた。先制点を北九州に奪われ、さらに主導権を握られる時間帯もあるなど、試合運びと内容には課題もあったが、今季2度目の逆転勝利で選手たちは願いを果たした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs甲府】レポート:攻守両面で昨季からの課題が残った内容ながらも何とか勝点1をもぎ取った開幕戦

【千葉vs甲府】レポート:攻守両面で昨季からの課題が残った内容ながらも何とか勝点1をもぎ取った開幕戦

岩崎悠人選手「チームとしては“入り”で少しバタバタしてしまったところがあった」

【千葉vs甲府】レポート:攻守両面で昨季からの課題が残った内容ながらも何とか勝点1をもぎ取った開幕戦

ブワニカ啓太選手「チームを勝利に導けなければ本当に意味がないので。今日は1点しか取れなかったですけど、次節からは2点、3点と(取れるように)、チームとしてどんどん成長していけたらなと思っています」

【千葉vs甲府】レポート:攻守両面で昨季からの課題が残った内容ながらも何とか勝点1をもぎ取った開幕戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)