ジェフ便り

【千葉vs水戸】レポート:選手個々のボールホルダーへの寄せの甘さとシュートへの意識の低さが招いた必然の完敗

【千葉vs水戸】プレビュー:ミスを恐れずに工夫のある攻撃にトライし、集中力を切らさずに守り切って勝ちたい一戦

2020年10月09日 19:09 by akanuma_keiko

 

第22節・琉球戦では負傷交代となった川又堅碁に代わってピッチに立った山下敬大のゴールで1-0の勝利を収めた千葉は、連勝を目指して第23節・京都戦に臨んだ。だが、守備で粘り強さを見せて連続無失点となったものの、決定機をなかなか作れずにスコアレスドローに終わった。第9節で半のアディショナルタイムの失点で逆転負けを喫した群馬と対戦した前節(第24節)ではサイドからクロスボールを入れることが多く、しかもアーリークロスがメインの単調な攻撃に終始し、またもや『1点』を取れずに攻撃面で大きな課題を残した。守備では群馬がマイナスに入れたクロスボールとその受け手への対応で後手を踏み、失点こそ1に抑えて0-1の敗戦となったが、試合の終盤には追加点を奪われかねない守備の甘さが露呈した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)