ジェフ便り

【千葉vs水戸】レポート:選手個々のボールホルダーへの寄せの甘さとシュートへの意識の低さが招いた必然の完敗

尹晶煥監督「試合の運び方がうまくできるようにトレーニングをしてきている」

2020年10月09日 16:03 by akanuma_keiko

写真=2020年2月20日撮影

●尹晶煥監督:

「明日からまた5連戦が始まるので、今週1週間は体力面を考えてしっかり休みながら、攻撃のほうを中心に練習してきています。明日は天気が大雨になりそうなので、それを予測しながらしっかり準備をしてきているので、5連戦の初戦をしっかり勝つように頑張りたいなと思います」

Q:今、お話しされたように、今週のトレーニングでは攻撃をメインにということで、前節(第24節)の群馬戦の試合後に監督は連動性が少しなかったということを言われていましたが、水戸戦に向けて連動性を出すというところ、そして自分たちがボールを持った時の攻撃の在り方について、どのように改善していくのか、教えてください。

「自分たちが連動性を出して攻撃をしたくても、相手が強くプレッシャーをかけてきた時に、どういう対応をするのか考えないといけないと思いますが、今週は選手に基本的な動きについての話をして、そういう内容のトレーニングをしました。状況によっての選手の動きやスペースを作ること、そしてスペースに他の選手が走ることなど、試合の運び方がうまくできるようにトレーニングをしてきているので、明日、ピッチでどういうふうに表現するかが重要だと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

鈴木椋大選手「去年やってきたことの積み重ねと今年入った選手のいいところがいい感じで出ていて、みんなもそれぞれ特徴が分かってきている。それが試合で発揮できたらいい」

【甲府戦直前レポート】鈴木椋大選手「去年やってきたことの積み重ねと今年入った選手のいいところがいい感じで出ていて、みんなもそれぞれ特徴が分かってきている。それが試合で発揮できたらいい」

福満隆貴選手「ホームですし、必ず勝たないといけないので、そこを強く意識して勝点3だけを見て頑張りたい」

【甲府戦直前レポート】鈴木椋大選手「去年やってきたことの積み重ねと今年入った選手のいいところがいい感じで出ていて、みんなもそれぞれ特徴が分かってきている。それが試合で発揮できたらいい」

川又堅碁選手「守備面でも攻撃面でもしっかり戦えるようなチームになっていっているので、得点数というところよりもやっぱり勝利というところに近づくような戦い方にしたい」

【プレシーズン総括コメント】尹晶煥監督「スピードがある選手と(ボールを)キープできる選手が入ってきて、鈴木大輔もうまくチームに入り込んだ」川又堅碁選手「守備面でも攻撃面でもしっかり戦えるようなチームになっていっているので、得点数というところよりもやっぱり勝利というところに近づくような戦い方にしたい」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)