ジェフ便り

【千葉vs水戸】レポート:選手個々のボールホルダーへの寄せの甘さとシュートへの意識の低さが招いた必然の完敗

【千葉vs水戸】レポート:選手個々のボールホルダーへの寄せの甘さとシュートへの意識の低さが招いた必然の完敗

2020年10月12日 11:41 by akanuma_keiko

完敗だった。1-5というスコアもそうだが、試合内容はスコア以上の差を感じさせるものだった。他のチームの監督や選手は「千葉の選手は能力が高い」と話すことがある。確かにテクニックが優れている選手は多いのかもしれない。だが、そのテクニックをいかに使うかということ、そして球際で相手に勝つこと、攻守で相手よりも一歩先に足を出すことなど、テクニックを使う前の基本的なことで、今節の千葉の選手は水戸よりも劣っていた。そして、攻守で味方を助けるプレーや連係面でも、千葉は水戸に負けていた。チームがチームとして機能するために、選手個々がやらなければならないことができていなければ、それができているチームに敗れるのは当たり前のことだ。今節は必然の完敗だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

安田理大選手「前半は連勝していた相手の勢いに呑まれて、そこから失点してしまったので、あれがすべてかなと思います」

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

矢田旭選手「後半のようなサッカーを始めからできないといけない」

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)