ジェフ便り

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

2019年11月17日 17:33 by akanuma_keiko

千葉にとっては、前節(第40節・東京V戦)に続いて決定機を作りながらも、そこでシュートを決めきれずに無得点と、もったいない試合となった。その一方で、前節はゴール前での粘り強い守備、相手のシュートの精度不足もあって無失点の守備となったが、今節は後半の途中から京都に押し込まれ、その展開を選手交代で変えようとしたが、その効果はハッキリとは表われなかった。ボールサイドに意識が行き過ぎて、ボールとは逆のサイドでペナルティエリアに入ってきた相手選手をマークできずに失点。攻撃も守備も悔いが残る形での0-1の敗戦となった。

今節の千葉のスタメンは前節から2人の変更となった。累積警告による出場停止の熊谷アンドリューに代わって、ダブルボランチの一角に小島秀仁が入り、前節で負傷交代して筆者が取材に行った11月13日は室内での調整のみだったアラン ピニェイロに代わって、右サイドハーフに堀米勇輝が入った。京都は前節(第40節・琉球戦)で3-0の快勝を収めたこともあってか、スタメンは前節とまったく同じだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【フォトレポート】佐藤勇人選手引退セレモニー

【フォトレポート】佐藤勇人選手引退セレモニー

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

佐藤勇人選手「最後に勝つことを見せられなかった。そこが自分の中で一番悔しかった」

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)