ジェフ便り

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【無料掲載】11/13練習の様子(6枚)

2019年11月15日 15:54 by akanuma_keiko


久しぶりに千葉のトレーニングに参加した見木友哉は、カウンターの場面の攻守のトレーニングで、思い切りのよいシュートを何本も決めていた。


カウンターの場面の攻守のトレーニングで、船山貴之とポジションどりで激しく競り合う新井一耀。


カウンターの場面の攻守のトレーニングで、順番待ちをしているクレーベ、堀米勇輝、為田大貴。為田はちょっと疲れた様子で、両膝に手を当てて前かがみになっていた。


コート内は7対7、タッチライン沿いにフリーマンが2人の構成のミニゲーム形式のトレーニングで、スペースを生かしてドリブルで仕掛ける安田理大。


コート内は7対7、タッチライン沿いにフリーマンが2人の構成のミニゲーム形式のトレーニングで、ボールの動きを見ながらポジションをとるクレーベを挟みこむようにしてマークする鳥海晃司とU-18千葉所属の宮坂拓海。


コート内は7対7、タッチライン沿いにフリーマンが2人の構成のミニゲーム形式のトレーニングで、小島秀仁と佐藤勇人のプレッシャーをかわしてボールを保持する船山貴之。

 

関連記事

【尹晶煥監督就任記者会見全文】「私は率先して、選手たちを変えていかなければいけないと思っています。すべてのところでやっていかないといけない」

【尹晶煥監督就任記者会見全文】「私は率先して、選手たちを変えていかなければいけないと思っています。すべてのところでやっていかないといけない」

【栃木戦直前レポート】ボールホルダーに厳しくプレッシャーをかけ、クサビのパスのあとの攻め方を大事にする

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【無料掲載】11/21練習の様子(6枚)

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)