ジェフ便り

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

堀米勇輝選手「次は最後のところで決める。それだけです」

2019年11月15日 15:48 by akanuma_keiko

【写真】前節(第40節・東京V戦)では、これまでよりもカウンター攻撃でフィニッシュまで持って行けたが、堀米勇輝は「カウンターになった時の前に出て行くスピードや迫力が出てきていると思う。サイドバックもすごくスプリントして追い越してくれる」と話した。

●堀米勇輝選手:
Q:前節(第40節・東京V戦)の試合後はタイミングが悪くてお話が聞けなかったのですが、あの時間帯で堀米選手がピッチに入って、もちろんベンチで見ていていろいろ思うところはありながらだったと思うのですが、どんなプレーをしようと考えていましたか。
「まあ、いつもどおりやろうと思っていました(笑)」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【2020シーズン新体制発表会見 第1部】森本航代表取締役、髙橋悠太GM、尹晶煥監督のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【2020シーズン新体制発表会見 第2部】新加入選手のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)