ジェフ便り

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】プレビュー:『3人目』の動きでフィニッシュの質を高め、強度とスピードのレベルを上げて守る。

2019年11月17日 17:40 by akanuma_keiko

第39節・金沢戦では相手のロングボールを使う攻撃への対応を考えてブロックを作る守備が奏功し、2-1と勝ちきった千葉は、前節(第40節)ではプレッシャーを受けてミスをする傾向がある東京Vが相手とあって、前からプレスをかけに行く守備を採用した。それがうまくいって立ち上がりから千葉は優勢に戦い、クレーベやアラン ピニェイロが複数の決定機を作ったが、シュートの精度不足や東京VのGKの上福元直人の好セーブもあって最後まで無得点。一方で、守備面は疲労もあって前からプレスをかけに行けなくなると、選手たちが判断してブロックを作る守備に切り替えた。東京Vにも決定機はあったものの、千葉の粘り強い守備と東京Vの決定力不足で無失点に抑え、スコアレスドローに終わった。そして、千葉の試合のハーフタイムの時点で、第39節終了時点で21位の栃木が引き分けに終わったことで、千葉のJ2残留が確定した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【フォトレポート】佐藤勇人選手引退セレモニー

【フォトレポート】佐藤勇人選手引退セレモニー

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

佐藤勇人選手「最後に勝つことを見せられなかった。そこが自分の中で一番悔しかった」

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)