ジェフ便り

【千葉vs山形】レポート:出足の鋭い山形の攻守に苦しめられ、守備意識の甘さや攻撃の工夫不足が響いて大敗

増嶋竜也選手「僕のところもそうですけど、今、(工藤)浩平さんがトップ下にいることによってだいぶコントロールしてくれているし、気を使ってスタートを切ってくれている」

2019年10月05日 13:41 by akanuma_keiko

【写真】前から守備に行くところとしっかりブロックを作るところの使い分けについて、増嶋竜也は「僕のところもそうですけど、今、(工藤)浩平さんがトップ下にいることによってだいぶコントロールしてくれているし、気を使ってスタートを切ってくれている」と話した。

○増嶋竜也選手:

Q:前節(第34節・岡山戦)は無失点で、もちろん勝てていればもっとよかったですが、少しずつ守備力が上がってきているのかなと思います。増嶋選手の目から見て、そのあたりはどうですか。
「まあ、ちょっとずつですけど、よかった時のような守備の仕方とか全体の意識が戻ってきているのかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【2020シーズン新体制発表会見 第1部】森本航代表取締役、髙橋悠太GM、尹晶煥監督のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【2020シーズン新体制発表会見 第2部】新加入選手のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)