ジェフ便り

【千葉vs山形】レポート:出足の鋭い山形の攻守に苦しめられ、守備意識の甘さや攻撃の工夫不足が響いて大敗

【山形戦直前レポート】味方と相手の状況を素早く把握し、的確な状況判断とポジショニングで攻守を行なう

2019年10月05日 12:24 by akanuma_keiko

曇ったり、晴れたりという天候ではあったものの、10月3日のトレーニングが行なわれていた時間帯は晴れていることが多く、陽射しは10月とは思えないような熱気があってかなり蒸し暑かった。そんな気候だったが、トレーニングはみっちりと2時間行なわれ、かなりハードな練習メニューもあった。

フィールドプレーヤーはサーキット形式のフィジカル&体幹トレーニングを行なうと、2人1組になって相手が投げたボールをダイレクトで頭や足で返したり、胸や足でトラップしてから蹴り返したりする、ボールコントロールを意識したトレーニングを行なった。それを予定していたメニュー&一定時間行なうと、今度は「フリーで」ということで、動きながらのパス交換やボールコントロールといったパス&ムーブを行なった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【2020シーズン新体制発表会見 第1部】森本航代表取締役、髙橋悠太GM、尹晶煥監督のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【2020シーズン新体制発表会見 第2部】新加入選手のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)