ジェフ便り

【千葉vs山形】レポート:出足の鋭い山形の攻守に苦しめられ、守備意識の甘さや攻撃の工夫不足が響いて大敗

工藤浩平選手「マス(増嶋竜也)も90分喋ってくれているし、ラインコントロールしてくれている。信頼関係ができてきている」

2019年10月05日 13:28 by akanuma_keiko

【写真】攻守に活躍する工藤浩平は、前節(第34節・岡山戦)の決定機を「決めきりたかった」と悔しそうに振り返り、守備のスイッチに関しては「マス(増嶋竜也)も90分喋ってくれているし、ラインコントロールしてくれている。信頼関係ができてきている」と語った。

●工藤浩平選手:
Q:前節(第34節)は最後のほうでGKと1対1の決定機がありました。あの場面では、個人的に工藤選手だったらループ気味にシュートを打つかなと思ったのですが。
「そうですね。決めきりたかったですね」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【2020シーズン新体制発表会見 第1部】森本航代表取締役、髙橋悠太GM、尹晶煥監督のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【2020シーズン新体制発表会見 第2部】新加入選手のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)