ジェフ便り

【千葉vs山形】レポート:出足の鋭い山形の攻守に苦しめられ、守備意識の甘さや攻撃の工夫不足が響いて大敗

【千葉vs山形】プレビュー:積極果敢なプレーと献身的なハードワークを最後までやり続けて無失点勝利を狙う

2019年10月05日 17:23 by akanuma_keiko

岡山と対戦した前節(第34節)の千葉は、立ち上がりから優位に試合を進めたものの、クレーベの決定的なヘディングシュートは岡山GKの一森純のファインセーブに阻まれるなど、なかなか『1点』を奪えなかった。後半は攻守で修正を図った岡山が反撃してきたが、GKの佐藤優也やセンターバックの増嶋竜也の奮闘もあって、2-0で勝った第25節・琉球戦以来の無失点。だが、その一方で、89分に船山貴之のスルーパスを受けた工藤浩平のGKと1対1の決定機はまたもや一森のファインセーブでノーゴールとなり、最後まで『1点』が遠かった。決定機数は岡山を上回りながら、結果はスコアレスドローだった。これで、前節終了時点での戦績は8勝12分14敗の勝点36で17位となっている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

田口泰士選手「最後のところはやらせないっていうのはすごく大事なこと」

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

川又堅碁選手「1勝というのはすごく大きいこと」

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)