ジェフ便り

【千葉vs山形】レポート:出足の鋭い山形の攻守に苦しめられ、守備意識の甘さや攻撃の工夫不足が響いて大敗

工藤浩平選手「どういうサッカーをしていくのか、選手の一人ひとりが自覚を持って1試合、1試合をやっていかなきゃいけない」

2019年10月06日 19:15 by akanuma_keiko

●工藤浩平選手:

Q:山形のプレスがきついのはわかっている中で、パスを回しながら攻撃の形は作っていたと思うのですが、やっていて手応えとしてはどうでしたか。

「失点のところでミスもありましたけど、そういうところのタイミングもそうだし、ホームでこういう負け方は今回が初めではないので、しっかりやらなきゃいけないというふうに切り替え、…何て言うんですかね、難しいというか、終わったばかりなので何と言ったらいいかわからないですけど、悔しい結果になってしまいました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs柏】レポート:メンタルの問題もあって攻守が消極的になり、内容はスコア以上に差があった完敗

【千葉vs柏】レポート:メンタルの問題もあって攻守が消極的になり、内容はスコア以上に差があった完敗

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

【千葉vs柏】レポート:メンタルの問題もあって攻守が消極的になり、内容はスコア以上に差があった完敗

鳥海晃司選手「アカデミー出身としてこのクラブのためにやって行かないといけない。監督に(前半で交代)そういう選択をさせないようなプレーをしなければいけない」

【千葉vs柏】レポート:メンタルの問題もあって攻守が消極的になり、内容はスコア以上に差があった完敗

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)