ジェフ便り

【岡山vs千葉】レポート:カウンター攻撃に手を焼くも無失点に抑えたが、前節に続く決定力不足で引き分け

【岡山vs千葉】レポート:カウンター攻撃に手を焼くも無失点に抑えたが、前節に続く決定力不足で引き分け

2019年09月30日 18:03 by akanuma_keiko

1-1の引き分けに終わった前節(第33節・徳島戦)に続いて、千葉にとっては勝つ可能性が高かったにもかかわらず引き分けに終わった。前回対戦(第9節)と同じスコアレスドローという結果だったが、前回対戦はシュートをわずか3本しか打てなかったのに対して、今節の千葉のシュートは7本。岡山の10本よりは少なかったものの、得点チャンスの数では千葉が上回っていた。それだけに『1点』を取りきれず、得た勝点が3ではなく1にとどまったことは悔やまれる。だが、9月が終わろうとする時期とは思えないほど高温多湿の厳しいコンディション、前節とは違って千葉が苦手とするロングボール多用の相手との試合で、体力の消耗の激しい中、最後までしっかり戦ったことは次節につながる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs柏】レポート:メンタルの問題もあって攻守が消極的になり、内容はスコア以上に差があった完敗

【千葉vs柏】レポート:メンタルの問題もあって攻守が消極的になり、内容はスコア以上に差があった完敗

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

【千葉vs柏】レポート:メンタルの問題もあって攻守が消極的になり、内容はスコア以上に差があった完敗

鳥海晃司選手「アカデミー出身としてこのクラブのためにやって行かないといけない。監督に(前半で交代)そういう選択をさせないようなプレーをしなければいけない」

【千葉vs柏】レポート:メンタルの問題もあって攻守が消極的になり、内容はスコア以上に差があった完敗

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)