ジェフ便り

【岡山vs千葉】レポート:カウンター攻撃に手を焼くも無失点に抑えたが、前節に続く決定力不足で引き分け

【無料掲載】9/26練習の様子(6枚)

2019年09月28日 11:18 by akanuma_keiko


フィールドプレーヤーのみでのパス&ムーブのトレーニングを行なう新井一耀や工藤浩平たち。


7対7対7の攻守のトレーニングで、ボールをめぐって激しく競り合う乾貴哉と佐藤寿人。


3つのゴールを設置し、各ゴールの間は全速力で移動する攻守のトレーニングで、狭いエリアでの2対2でシュートを狙う為田大貴。


3つのゴールを設置し、各ゴールの間は全速力で移動する攻守のトレーニングで、最初は走る時に笑顔も見られた選手たちだが、次第に息が上がって苦しくなって本田功輝もこの表情。

コート内のフィールドプレーヤーが4対4のミニゲーム形式のトレーニングで、為田大貴がシュートをブロックしようとする大野哲煥。


コート内のフィールドプレーヤーが4対4のミニゲーム形式のトレーニングで、ゴール前に上がってくるボールを見ながらポジションをとる選手たち。

reported by 赤沼圭子

関連記事

米倉恒貴「トレーニングで普段よりも精神的にも肉体的にも追い込んでいるぶん、試合でここぞという時に頑張れるとかトレーニングで体に染みついてきていると思う」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

チャンミンギュ「残念だなと思いますけど、うまくいっていなかった部分を修正することができる期間だと、その部分は肯定的に受け止めている」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)