ジェフ便り

【岡山vs千葉】レポート:カウンター攻撃に手を焼くも無失点に抑えたが、前節に続く決定力不足で引き分け

【岡山vs千葉】プレビュー:カウンターとセットプレーの攻防で岡山を制し、アグレッシブなプレーで勝利を目指す

2019年09月28日 18:35 by akanuma_keiko

第32節・水戸戦を2-1で勝ちきり、7試合ぶりの勝利を獲得して迎えた前節(第33節)の徳島戦。立ち上がりから攻め合う展開の中、誤審ではあったものの得たPKをクレーベが決めて43分に先制したが、交代出場の藤田征也に79分に同点ゴールを奪われ、1-1の引き分けに終わった。千葉が先制する試合展開、徳島が攻撃的なスタイルということもあり、セットプレーからも含めて23本ものシュートを放ったことで、選手も江尻篤彦監も攻撃の形についてはある程度の手応えを得ている。ただし、ゴールがPKの1点のみと決定力不足を露呈した。2点目、さらに3点目とゴールを重ねていければ、勝てる可能性が高い一戦だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

船山貴之選手「もっと食える(ボールを奪える)場面もあったし、もっと狙いを持ってやれば、もっといい形でボールを取れたと思います」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

熊谷アンドリュー選手「最後に(佐藤)勇人さんと一緒にやれたというのは、自分にとっては本当にお世話になった人ですし、嬉しかったです」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)