ジェフ便り

【岡山vs千葉】レポート:カウンター攻撃に手を焼くも無失点に抑えたが、前節に続く決定力不足で引き分け

【岡山戦直前レポート】トップスピードでゴール前に走っての攻守、逆サイドを意識した攻守で勝ちきる

2019年09月28日 11:13 by akanuma_keiko

9月の最後の公式戦を前にした公開トレーニングが行なわれた9月26日は、時おり太陽に雲がかかって陽射しをさえぎることがあるものの、太陽が顔を出すとまだ夏といった感じの強い陽射しが降り注いでいた。ただし、湿度が低くなってきているため、蒸し暑さがないぶん快適なのだが、練習グラウンドではトップスピードで走るシーンを想定した、非常にハードなトレーニングも行なわれた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【柏戦直前レポート】相手への寄せのタイミングや間合いを考えてプレーし、サイドの攻防を制して勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

下平匠選手「今年はホームであまり勝てていないですし、ダービーマッチというのはどのチームにとっても大事な試合。しっかり勝てるようにします」

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

工藤浩平選手「(佐藤)勇人くんにとってはたぶん最後の千葉ダービーになると思う。前回対戦の借りを返さなきゃいけないし、負けられないですね」

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)