ジェフ便り

【岡山vs千葉】レポート:カウンター攻撃に手を焼くも無失点に抑えたが、前節に続く決定力不足で引き分け

矢田旭選手「みんなが常にアンテナを張りながらやっていかないといけない」

2019年09月28日 17:08 by akanuma_keiko

【写真】前節(第33節・徳島戦)は第26節・鹿児島戦以来のスタメン出場となった矢田旭は、「ゴールも決めたかったし、決められるビッグチャンスがあったにもかかわらず決めきれなかった。決めていけるようにならなかったら、チームの勝利に貢献できないと思う」と悔しがっていた。

●矢田旭選手:
Q:前節(第33節・徳島戦)は7試合ぶり(26節・鹿児島戦以来)のスタメンでしたが、まずご自身のプレーを振り返ってみてどうでしたか。
「守備のところではチームに与えられた役割を遂行できたのかなと思うんですけど、攻撃のところで自分の良さはなかなか出てこなかったので、そこの良さをもっと出せたらよかったなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

米倉恒貴「トレーニングで普段よりも精神的にも肉体的にも追い込んでいるぶん、試合でここぞという時に頑張れるとかトレーニングで体に染みついてきていると思う」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

チャンミンギュ「残念だなと思いますけど、うまくいっていなかった部分を修正することができる期間だと、その部分は肯定的に受け止めている」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)