ジェフ便り

【町田vs千葉】レポート:流れを切るクリアができずに失点するも、狙った攻撃の形での得点で連敗ストップ

【町田vs千葉】レポート:流れを切るクリアができずに失点するも、狙った攻撃の形での得点で連敗ストップ

2019年09月03日 12:50 by akanuma_keiko

連敗は4で止まった。だが、勝ちきることはできず、得た勝点は1にとどまった。順位を上げていくには勝利が必要で、同点にしたあとは流れが来ていただけに、一気に逆転まで行けなかったことは悔いが残る。ただし、ハードワークが身上の町田に押される展開が続いた中で、先制点を奪われたものの連続失点はしなかったこと、そして失点後の間もない時間に同点に追いついたことは好材料といえるだろう。

今節の千葉のスタメンは前節から3人変更となった。センターバックの一角が前節(第29節・甲府戦)で32分に負傷交代したエベルトから彼に代わって出場した増嶋竜也に、ダブルボランチの一角が熊谷アンドリューから佐藤勇人に、そして右サイドハーフが堀米勇輝から8月29日のトレーニングでキレのあるプレーを見せて好調だった茶島雄介に代わり、前節は茶島が務めていた左サイドハーフに為田大貴が入った。一方、町田のスタメンは前節からの変更はなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】プレビュー:『3人目』の動きでフィニッシュの質を高め、強度とスピードのレベルを上げて守る。

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)