ジェフ便り

【町田vs千葉】レポート:流れを切るクリアができずに失点するも、狙った攻撃の形での得点で連敗ストップ

佐藤勇人選手「すごくプレッシャーに感じてやるのは、それこそ自分とかでいいと思っているので、だから、他の選手はやっぱり持っているいいものを出してほしいと思うし、そういうふうに自分はみんなの分を背負うつもりでやっていました」

2019年09月02日 12:40 by akanuma_keiko

●佐藤勇人選手:

Q:チームがなかなか難しい状況の中で、勇人選手は(スタメン出場が第21節・徳島戦以来で、交代出場は第27節・鹿児島戦以来の)久しぶりのスタメン出場でしたが、どういうふうな形で試合に入ろうというのがあったのでしょうか。

「けっこう試合前とかウォーミングアップ中、ロッカールームとかでいろんな選手に声をかけたんですけど、自分はピッチの外から、スタンドやベンチで試合を見ていることが多かったんですけど、その中でみんながすごくプレッシャーを感じているなと思いました。勝たなくちゃいけない。でも、勝てていない。連敗している。そういうところですごくプレッシャーを感じている中、トレーニングもそういう雰囲気があったので、それを感じられるのもやっぱりプロのスポーツ選手、サッカー選手ということで、最後はもう楽しんでやれるぐらいな気持ちでやろうといいました。それはたぶん自分にも言い聞かせていたと思うんですけど、このタイミングで自分にチャンスが来て、自分の役割というのはハッキリしているし、自分はやっぱり一番今のチーム状況とか、4連敗していて順位的にもすごく厳しいところで、どうにかしないといけないというのは自分もすごく強く思っているところだったので、自分に言い聞かせるつもりと、あとはみんなに伝えることでそういう話はしました。失点した後とかも町田の勢いに呑まれることなく、しっかりと対応できてチャンスもカウンター攻撃とかで作って、まあ、そのあたりは今までにはなかった部分だと思うのでよかったかなと思う。

ただ、現に勝点3を取れていないし、勝点3を取らないとここから抜け出せないのも事実なので、そういう意味でもやっぱりしっかりとみんなで準備して、1ポイントをアウェイで取ってというところも、そのあとにみんなで話をして、次に向けて準備をしていきたい。またアウェイゲーム(第31節・新潟戦)になるので、少しずつでも勝点を積み重ねて順位を上げていかないと、そのサッカー選手である意味とかそういうものがもったいないと思うので、今の環境で満足しちゃったりしていたらもったいないので、やっぱり選手である以上、目の前の試合とか、ピッチに立った以上はやっぱり1つずつ勝って、自分の価値とかチームの価値というのを上げなくちゃいけないので、それに向けてみんなで取り組んでいこうという話はこれからもしていきたいです」

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】プレビュー:『3人目』の動きでフィニッシュの質を高め、強度とスピードのレベルを上げて守る。

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)