ジェフ便り

【町田vs千葉】レポート:流れを切るクリアができずに失点するも、狙った攻撃の形での得点で連敗ストップ

【町田戦直前レポート】江尻篤彦監督「どんな形であれアウェイの地でしっかり勝点をあげるということが大切なのかなと思います」

2019年08月29日 17:49 by akanuma_keiko

【写真】紅白戦形式の戦術練習で、ボールを持っているディフェンスラインの選手に相手がプレッシャーをかけてきた時のボールの動かし方についてアドバイスをする江尻篤彦監督。

○江尻篤彦監督

Q:攻撃面では、前節(第29節・甲府戦)は左サイドだけではなくて右サイドでは米倉恒貴選手がオーバーラップしたり、ボランチとサイドハーフが絡んだり、さらに増嶋竜也選手からのロングフィードもあって、相手の裏を突くという攻撃もあるなどバリエーションができてきたのではないかと思うのですが、そのあたりはいかがですか。

「当然、ヨネ(米倉)が入っていい部分も増えたし、それによって選手をどういうふうに組み合わせたらいいかという悩みが増えました(笑)逆に言えば。なので、本当にどの組み合わせがいいのかなというのはやっぱりいい悩みというか、それによってチャンスをもえなかった選手もチャンスをもらえるようになっていると思うし、そのへんはすごくいいんですけど、僕としては結果が欲しいなというところです。でも、米倉が入ることによって、本当にいろんなことが増えたのも事実ですし、それによってちょっとメンバーが固定していないことでのポジティブな部分とネガティブな部分がやっぱり増えているのかなというのは思います」

Q:でも、いいことで頭を悩ませる部分があって、右サイドハーフも堀米勇輝選手がいれば工藤浩平選手もいますし、今日のトレーニングではまた違う選手がプレーしていました。そこはうまく選手が切磋琢磨してくれているということですね。

「それはそうですし、もともと左サイドのストロングな特長も消したくないので、両方でいいものが出せればなとは思うんですけど、前節の甲府戦に限っては点が取れなかったといのが、僕にとってはすごく(残念などことで)、甲府相手でもしっかり点は取りたかったなというのはあります。ただ、付け加えて言うと、失点がちょっと馬鹿げている失点だったというのもやっぱりあるかなと思いますね。そういうものでゲーム(の行方)が左右してしまったかなと思います」

Q:米倉選手はここまでうまくチームにフィットして来ていると思うのですが、ここまでの彼の活躍など監督はどのように評価されますか。

「もう本当にいいものを出してくれていると思うんですけど、彼も結果が欲しいと思うので。まあ、僕もそうなんですけど、あいつを(試合で)使ってから3つ負けているので(苦笑)。本当に選手も僕もそうなんですけど、やっぱりそれで結果がついてくると、彼の良さ、(シーズンの途中に期限付き移籍で)取ってきた意味が出てくると思うので、そこは本当に彼も結果が欲しいのかなと、そこで悩んでいるのかなとは思います。いいものはあると思います。だから、今日も最後に前のポジションで少し使いましたけど、彼のそういうパワーも前で使えるのかなと思います」

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【2020シーズン新体制発表会見 第1部】森本航代表取締役、髙橋悠太GM、尹晶煥監督のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【2020シーズン新体制発表会見 第2部】新加入選手のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)