ジェフ便り

【町田vs千葉】レポート:流れを切るクリアができずに失点するも、狙った攻撃の形での得点で連敗ストップ

【町田vs千葉】プレビュー:1対1の局面や球際の勝負で相手を制し、セットプレーを有効に生かして勝ちたい

2019年08月31日 16:25 by akanuma_keiko

甲府と対戦した前節(第29節)の千葉は、前半こそ互角に近い戦いぶりで、右サイドハーフに堀米勇輝がスタメンに戻った状況でも左サイド偏重になりすぎず、両サイドからバランスよく攻めることができた。だが、決定機数では甲府がやや上回り、前半に先制点を奪えずにいると、後半の序盤に甲府ゴールに迫るもののやはり『1点』が遠かった。60分にCK後の流れから失点すると、74分に警戒していた甲府のカウンター攻撃を受けてピーター ウタカに追加点を奪われてしまった。さらに、81分には甲府の内田健太がグラウンダーの直接FKでゴールを狙ったのに対して、鳥海晃司はボールが足に当たりながらもクリアしきれず、コースが変わったことでGKの鈴木椋大は反応できずに失点。千葉は0-3で敗れて4連敗となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】プレビュー:『3人目』の動きでフィニッシュの質を高め、強度とスピードのレベルを上げて守る。

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)