ジェフ便り

【J2第4節松本vs千葉】試合レポート:松本のシステムと攻撃の変化に対応し、パワープレーをシステム変更で耐えて辛勝

試合プレビュー:両チームが『何か』を変える可能性がある一戦で、千葉は昨季までとの違いを見せたい

2016年03月19日 15:31 by akanuma_keiko
連敗スタートとなったこともあって守備を重視して修正してきた横浜FCと対戦した前節(第3節)は、横浜FCの守備ブロックをなかなか崩しきれず、特に前半は苦戦した千葉。後半は横浜FCの守備のスピードやパワーが落ちてきたことも幸いし、千葉はスペースを使っての攻撃ができるようになった。そして、アランダの縦の仕掛けと多々良敦斗のファーサイドへのクロスという横の揺さぶりが奏功し、フリーになっていた船山貴之が素晴らしいボレーシュートを決めて1-0の勝利を収めた。だが、J1昇格を達成するには、攻撃面での縦への仕掛けや左右の揺さぶりはまだ物足りない。特に、松本は自陣の深い位置に引く守備はしないものの、前線から厳しくプレスをかけながらも帰陣は速く、ゴール前に堅固な守備ブロックを作るチームだ。さらに、今季は196センチのGKのシュミット ダニエルを補強。千葉はかなり工夫して攻めないと得点機は簡単には作れないだろう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小林祐介選手「自分があまり動きすぎずに真ん中でどっしり構えつつ、3バックのサポートをしながら、常にワンタッチ、ツータッチで縦パスを狙っていました」

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

【水戸vs千葉】プレビュー:水戸のパスワークを連動したプレスで防ぎ、ミスを恐れずにパスをつないでゴールを狙う

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)