ジェフ便り

【J2第4節松本vs千葉】試合レポート:松本のシステムと攻撃の変化に対応し、パワープレーをシステム変更で耐えて辛勝

長澤和輝選手「組み立ての部分の(選手同士での)すり合わせをもっと大切にしてやっていければ」

2016年03月21日 08:59 by akanuma_keiko
●長澤和輝選手:
Q:今節でも中に入ったり、逆サイドに回りこんだりして攻撃の組み立てをしていたと思いますが、相手のプレッシャーを受ける中でどんなところを工夫していたのですか。
「前半とかはピッチが濡れていたので、しっかりとポジションをとってパスをつなげばボールは回せると思っていたんですけど、相手のプレッシャーも速かったり、少しのミスがつながってちょっとのズレがゴール前へ行く時に大きなズレにつながっていったりしていたので、なかなかゴール前まで行ける機会は少なかったです。そこでの組み立ての部分の(選手同士での)すり合わせをもっと大切にしてやっていければなと思います」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

小田逸稀選手「ホームでずーっと勝てていなかったので、サポーターの皆さんと喜びを分かち合えたことはすごく嬉しかったです」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

サウダーニャ選手「(フクアリでのゴールは)非常に気持ちよかったですし、サポーターの方々の笑顔が見られたことをさらに嬉しく思っています」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)