ジェフ便り

【J2第4節松本vs千葉】試合レポート:松本のシステムと攻撃の変化に対応し、パワープレーをシステム変更で耐えて辛勝

長澤和輝選手「組み立ての部分の(選手同士での)すり合わせをもっと大切にしてやっていければ」

2016年03月21日 08:59 by akanuma_keiko
●長澤和輝選手:
Q:今節でも中に入ったり、逆サイドに回りこんだりして攻撃の組み立てをしていたと思いますが、相手のプレッシャーを受ける中でどんなところを工夫していたのですか。
「前半とかはピッチが濡れていたので、しっかりとポジションをとってパスをつなげばボールは回せると思っていたんですけど、相手のプレッシャーも速かったり、少しのミスがつながってちょっとのズレがゴール前へ行く時に大きなズレにつながっていったりしていたので、なかなかゴール前まで行ける機会は少なかったです。そこでの組み立ての部分の(選手同士での)すり合わせをもっと大切にしてやっていければなと思います」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)