ジェフ便り

【J2第4節松本vs千葉】試合レポート:松本のシステムと攻撃の変化に対応し、パワープレーをシステム変更で耐えて辛勝

佐藤優也選手「(失点を)ゼロで終えたのは本当に良かったこと」

2016年03月21日 08:57 by akanuma_keiko
●佐藤優也選手:
Q:相手のパワープレーをなんとか耐えきったところもあっての勝利だと思いますが、いかがですか。
「(松本は)本当にああいうパワープレーというのを得意としているチームで、そういう部分でうちの選手は最後まで体を張ってシュートをブロックしたり、そのシュートコースを消したりという作業をみんながやって、本当に最後まで(失点を)ゼロで抑えられたというのは、自分たちがこういうこともしっかりとできるチームなんだぞということを証明できたし、自分たちの自信にもなります。また、J2というのはこういうプレーも必要になってくるので、その部分では本当に(失点を)ゼロで終えたのは本当に良かったことだなと思います」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)