ジェフ便り

【J2第4節松本vs千葉】試合レポート:松本のシステムと攻撃の変化に対応し、パワープレーをシステム変更で耐えて辛勝

スタジアムからの便り

試合レポート:松本のシステムと攻撃の変化に対応し、パワープレーをシステム変更で耐えて辛勝

千葉は2日連続で完全非公開練習を行なったことから、ホーム開幕戦での必勝を期した松本は策士の反町康治監督が千葉対策を講じてくることから、両チームともに『何か』を変えてくるかと思...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

長澤和輝選手「組み立ての部分の(選手同士での)すり合わせをもっと大切にしてやっていければ」

●長澤和輝選手:Q:今節でも中に入ったり、逆サイドに回りこんだりして攻撃の組み立てをしていたと思いますが、相手のプレッシャーを受ける中でどんなところを工夫していたのですか。「...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

佐藤優也選手「(失点を)ゼロで終えたのは本当に良かったこと」

●佐藤優也選手:Q:相手のパワープレーをなんとか耐えきったところもあっての勝利だと思いますが、いかがですか。「(松本は)本当にああいうパワープレーというのを得意としているチー...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

山本真希選手「うまく当てることができた」

●山本真希選手: Q:開幕戦ではゴール前で2度打ってもはね返されてしまった山本選手のシュートが今日は決まりました。「開幕戦と違って今日はミートできたので。うまく当てることが...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

試合プレビュー:両チームが『何か』を変える可能性がある一戦で、千葉は昨季までとの違いを見せたい

連敗スタートとなったこともあって守備を重視して修正してきた横浜FCと対戦した前節(第3節)は、横浜FCの守備ブロックをなかなか崩しきれず、特に前半は苦戦した千葉。後半は横浜F...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

他の号の記事

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

ホーム未勝利。複数得点なし。連勝なし。今季の前節(第12節・山口戦)までの負のデータを一掃したフクアリでの4得点での勝利だった。連勝したことで、今節終了時点の千葉の順位は9位...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

小田逸稀選手「ホームでずーっと勝てていなかったので、サポーターの皆さんと喜びを分かち合えたことはすごく嬉しかったです」

●小田逸稀選手Q:ホームのフクアリでの初勝利の味はいかがですか。「ホームでずーっと勝てていなかったので、サポーターの皆さんと喜びを分かち合えたことはすごく嬉しかったです」Q:...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

サウダーニャ選手「(フクアリでのゴールは)非常に気持ちよかったですし、サポーターの方々の笑顔が見られたことをさらに嬉しく思っています」

●サウダーニャ選手:Q:ゴールを決めた率直な心境を教えていただけますか。「正直、気持ちいいです。ただ、少し(左足の)足首をひねってしまったので、しっかりと治して次の試合に挑み...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

【千葉vs岡山】プレビュー:岡山が嫌がる攻撃で積極的にゴールを狙い、全員で粘り強く守って連続無失点を目指す

山口と対戦した前節(第12節)で、千葉の尹晶煥監督は前線に第3節・秋田戦以来のスタメン出場となる船山貴之、そして第11節・新潟戦でJデビューを果たしたサウダーニャをスタメン起...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

【山口vs千葉】レポート:スタメン起用に応えた船山の『1点』を粘り強く守っての無失点勝利で連敗を止める

2試合連続無得点で連敗した千葉の尹晶煥監督は、千葉の最大の課題である得点力不足を解消するために、今節で第3節・秋田戦以来のスタメン出場となる船山貴之、そして前節(第11節・新...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【山口vs千葉】レポート:スタメン起用に応えた船山の『1点』を粘り強く守っての無失点勝利で連敗を止める

小林祐介選手「早い時間帯で先制点が取れて、自分たちのペースに持って行くことができた」

●小林祐介選手:Q:今日は先制点をうまく取れたと思うのですが、チームとしての攻撃面での今日の手応えはいかがですか。「早い時間帯で先制点が取れて、自分たちのペースに持って行くこ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【山口vs千葉】レポート:スタメン起用に応えた船山の『1点』を粘り強く守っての無失点勝利で連敗を止める

【山口vs千葉】プレビュー:調子を上げてきた山口の攻撃の芽を摘み、速攻と遅攻を使い分けてゴールを奪いきりたい

開幕から9勝1分と負けなしで首位に立つ新潟と対戦した前節(第11節)の千葉は、アンカーシステムでの3-1-4-2のフォーメーションで臨んだが、ピッチの横幅いっぱいまでうまく使...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【山口vs千葉】レポート:スタメン起用に応えた船山の『1点』を粘り強く守っての無失点勝利で連敗を止める

【新潟vs千葉】レポート:フォーメーション変更で試合の流れは変わるも、守備時のミスと決定力不足が響いて連敗

千葉にとって攻守ともに悔いが残る敗戦となった。もちろん敗戦は悔いが残るものには違いない。だが、新潟との力関係や両チームの特徴を考えれば、千葉は先制してこそ勝利の可能性が高まる...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【新潟vs千葉】レポート:フォーメーション変更で試合の流れは変わるも、守備時のミスと決定力不足が響いて連敗

サウダーニャ選手「次の試合ではもっといいコンディションで試合に挑むことができるのかなと思っています」

●サウダーニャ選手:Q:今日はJリーグ戦でジェフの一員としてのデビューとなりました。それについての率直な感想を教えてください。短い出場時間ではありましたが、今日は惜しいシュー...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【新潟vs千葉】レポート:フォーメーション変更で試合の流れは変わるも、守備時のミスと決定力不足が響いて連敗

岩崎悠人選手「自分たちでボールを持つ時間がなかなか少なかった」

●岩崎悠人選手:Q:今日は2トップのような形でスタートしたと思いますが、岩崎選手としてはどのようなことを意識しながらプレーされたのでしょうか。「試合(前)のミーティングで、監...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【新潟vs千葉】レポート:フォーメーション変更で試合の流れは変わるも、守備時のミスと決定力不足が響いて連敗

【新潟vs千葉】プレビュー:新潟のパスワークやドリブル突破を潰し、カウンターとセットプレーの好機を生かしたい

今季、J3から昇格した相模原と対戦した前節(第10節)の千葉は、前半から3バックの鈴木大輔と岡野洵がボールを持ち上がるなどビルドアップに参加し、ボールを保持して攻める時間が長...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【新潟vs千葉】レポート:フォーメーション変更で試合の流れは変わるも、守備時のミスと決定力不足が響いて連敗

【千葉vs相模原】レポート:ロングスローからの連続シュートに耐えきれず、セットプレーを生かせずに無得点で敗戦

再三セットプレーのチャンスがありがらもそれを生かせなかった千葉と、千葉に比べれば多くはなかったセットプレーのチャンスを生かした相模原。結果的に勝敗の分かれ目はそこになった。そ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs相模原】レポート:ロングスローからの連続シュートに耐えきれず、セットプレーを生かせずに無得点で敗戦

鈴木大輔選手「(ゴール前を)固められた時に自分たちがどれだけ相手を動かせるかというところだと思います」

●鈴木大輔選手:Q:(試合後のオンラインでの記者会見で)相模原の三浦文丈監督が「ジェフの3バックの両脇(鈴木大輔と岡野洵)に対して、あえてボールを持たせるような守備を戦術とし...

  いいね!   jefletter_editor jefletter_editor from 【千葉vs相模原】レポート:ロングスローからの連続シュートに耐えきれず、セットプレーを生かせずに無得点で敗戦

【千葉vs相模原】プレビュー:連動性の高いアグレッシブな守備を継続し、ゴール前への入り方を工夫して得点を狙う

第8節・栃木戦では、栃木のハイボール多用の攻撃とターゲットになる矢野貴章への対策として、試合のスタートから3バックのフォーメーションを採用した尹晶煥監督。守備は1-0で勝った...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs相模原】レポート:ロングスローからの連続シュートに耐えきれず、セットプレーを生かせずに無得点で敗戦

【水戸vs千葉】レポート:攻撃に課題は残るもアグレッシブな攻守を生んだ3バック&アンカーシステムでの勝利

守備では成果を出しつつあるものの、得点力、それも決定機を複数作りながらもモノにできない決定力不足が課題の千葉にとって、ようやくといった勝利だった。チームを勝利に導くゴールを奪...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【水戸vs千葉】レポート:攻撃に課題は残るもアグレッシブな攻守を生んだ3バック&アンカーシステムでの勝利

小林祐介選手「自分があまり動きすぎずに真ん中でどっしり構えつつ、3バックのサポートをしながら、常にワンタッチ、ツータッチで縦パスを狙っていました」

●小林祐介選手:Q:全体を振り返ってひと言お願いできますか。「本当に勝てたことが何よりです。すごく嬉しいです」Q:チームとしては、守備はしっかりできていたと思うのですが、攻撃...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【水戸vs千葉】レポート:攻撃に課題は残るもアグレッシブな攻守を生んだ3バック&アンカーシステムでの勝利

櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

●櫻川ソロモン選手:Q:ナイスゴールでした。「ありがとうございます」Q:ゴールが勝利につながったのは本当に大きかったと思うのですが。「そうですね。本当にチームとして勝ちたかっ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【水戸vs千葉】レポート:攻撃に課題は残るもアグレッシブな攻守を生んだ3バック&アンカーシステムでの勝利

バックナンバー(もっと見る)