ジェフ便り

【J2第4節松本vs千葉】試合レポート:松本のシステムと攻撃の変化に対応し、パワープレーをシステム変更で耐えて辛勝

試合レポート:松本のシステムと攻撃の変化に対応し、パワープレーをシステム変更で耐えて辛勝

2016年03月21日 13:58 by akanuma_keiko
千葉は2日連続で完全非公開練習を行なったことから、ホーム開幕戦での必勝を期した松本は策士の反町康治監督が千葉対策を講じてくることから、両チームともに『何か』を変えてくるかと思われた一戦。だが、千葉はスタメン&システムは前節から変わっていなかった。松本はスタメンは前節と同じだが、やはりシステムを変えてきた。アンカーに武井択也、その前に宮阪政樹と工藤浩平だった中盤を、武井と宮阪のダブルボランチに変更。そして、山本大貴と石原崇兆の2トップだった前線を、1トップに山本、その後ろの左ワイドに石原、右ワイドに工藤という形に変えてきた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)