ジェフ便り

【J2第4節松本vs千葉】試合レポート:松本のシステムと攻撃の変化に対応し、パワープレーをシステム変更で耐えて辛勝

試合レポート:松本のシステムと攻撃の変化に対応し、パワープレーをシステム変更で耐えて辛勝

2016年03月21日 13:58 by akanuma_keiko
千葉は2日連続で完全非公開練習を行なったことから、ホーム開幕戦での必勝を期した松本は策士の反町康治監督が千葉対策を講じてくることから、両チームともに『何か』を変えてくるかと思われた一戦。だが、千葉はスタメン&システムは前節から変わっていなかった。松本はスタメンは前節と同じだが、やはりシステムを変えてきた。アンカーに武井択也、その前に宮阪政樹と工藤浩平だった中盤を、武井と宮阪のダブルボランチに変更。そして、山本大貴と石原崇兆の2トップだった前線を、1トップに山本、その後ろの左ワイドに石原、右ワイドに工藤という形に変えてきた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

小田逸稀選手「ホームでずーっと勝てていなかったので、サポーターの皆さんと喜びを分かち合えたことはすごく嬉しかったです」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

サウダーニャ選手「(フクアリでのゴールは)非常に気持ちよかったですし、サポーターの方々の笑顔が見られたことをさらに嬉しく思っています」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)