ジェフ便り

【千葉vs新潟】レポート:予測を生かして球際で体を張って無失点に抑え、劇的な決勝ゴールで今季のホーム初勝利

新井一耀選手「一瞬の判断だったり集中力のところを、個人でもそうですしみんなでもう少しコミュニケーションを取りながらやっていく必要がある」

2022年03月30日 10:25 by akanuma_keiko
2022年03月30日 10:25 by akanuma_keiko

写真=2021年3月25日

●新井一耀選手:

Q:まずは今季の守備の手応えからおうかがいしたいのですが、ご自身として、チームとしてのここまでの守備はいかがでしょうか。

「崩されて失点というところがあんまりないですけど、やっぱりセットプレーからの失点だったりというのが多いので。セットプレーからの失点だと試合の流れが変わっちゃうと思うし、なかなか勝ちに持っていけないと思うので、そういう一瞬の気の緩みだったり、最後まで集中するということだったりができていない試合で、負けてしまったりしています。全体的な守備の強度というのは去年から続いてできていると思うんですけど、やっぱりその一瞬の判断だったり、集中力だったりというところをもう少し個人でもそうですし、みんなでコミュニケーションを取りながらやっていく必要があるなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新明龍太選手「自分の特長である推進力だったり、常にゴールを意識したプレーだったりを、練習から出していってアピールしていきたい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

近藤壱成選手「今季の目標は試合に出てチームの勝利に貢献すること。試合に出るために何をしなきゃいけないのかというのを365日考えて生活したい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

小森飛絢選手「大卒のルーキーイヤー二桁ゴール。自分が千葉での第一号になりたい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)