ジェフ便り

【千葉vs新潟】レポート:予測を生かして球際で体を張って無失点に抑え、劇的な決勝ゴールで今季のホーム初勝利

【千葉vs新潟】プレビュー:ラストパスの入れ方と受け方の工夫で得点し、体を張った前からの守備で失点阻止を狙う

2022年03月30日 13:34 by akanuma_keiko
2022年03月30日 13:34 by akanuma_keiko

栃木と対戦した前節(第6節)の千葉は、試合開始早々の2分にゴール前での2回のクリアが大きくできず、こぼれ球からスーパーゴールとなるミドルシュートを栃木の谷内田哲平に決められて失点した。2試合連続での早い時間帯の失点は大きな反省点で、そこから反撃するも前線からのプレスがうまくハマらず、前半は栃木に主導権を握られた。後半もすぐには流れを変えられなかったが、佐々木翔悟に代えて入れた熊谷アンドリューが田口泰士とダブルボランチを組み、西久保駿介に代えて米倉恒貴が入ると、流れが変わってきた。88分、80分に交代出場した秋山陽介が見木友哉、鈴木大輔との連係プレーから左サイドの奥深くへ進入し、マイナス方向へのグラウンダーのクロスボールを入れると、チャン ミンギュがダイレクトシュート。これは栃木のGKの川田修平にセーブされ、そのこぼれ球を栃木の大森渚生がクリアしようとしたが、ボールは櫻川ソロモンが出した右足に当たってゴールイン。土壇場で同点に追いついた千葉はさらに逆転を目指したが、90+2分にロングスローから失点。ニアサイドで栃木の小堀空が競り勝ってヘディングでフリックし、ファーサイドに詰めたカルロス グティエレスが押し込んだゴールで、マンマーク守備とゾーン守備の併用だった千葉にとっては、マークの甘さが出た失点だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs熊本】プレビュー:千葉サポーターの声援を攻守のパワーに変え、粘り強い守備と工夫のある攻撃をしたい

【千葉vs熊本】プレビュー:千葉サポーターの声援を攻守のパワーに変え、粘り強い守備と工夫のある攻撃をしたい

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【山形vs千葉】プレビュー:流動的なポジションでのパスワークに対応し、カウンター攻撃を生かして3連勝を狙う

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)