ジェフ便り

【千葉vs町田】レポート:前節で改善されたレベルの守備を維持し、攻撃はバリエーション増加もスコアレスドロー

矢田旭選手「距離感がやっぱり大事だと思います」

2020年10月16日 09:55 by akanuma_keiko

写真=2月20日撮影

○矢田旭選手

Q:前節(第26節・大宮戦)は守備のところはだいぶ改善できたのかなと思うのですが、その点についてはいかがですか。

「そうですね。決定機を作られる回数は減ったし、全体的にいい形でボールを奪えて、攻撃に転じるところまではいけたので。前は5失点をして課題が残る試合だったんですけど、そこの反省を生かして前線の選手から後ろの選手までみんなが連動して守備ができていたので、そこは評価できることなのかなと思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「守備は良くなっているんですけど、攻撃の時のアイデアがまだまだ足りない」

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

髙橋壱晟選手「(福岡は前回対戦時の)後半のアディショナルタイムで同点になってから負けていない。それを僕らが止められるようにやっていきたい」

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

新井一耀選手「チャレンジするのか、しないのかという一瞬の判断のところは、もっともっと伸ばしていかなきゃいけないと、自分自身思います」

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)