ジェフ便り

【千葉vs町田】レポート:前節で改善されたレベルの守備を維持し、攻撃はバリエーション増加もスコアレスドロー

【千葉vs町田】レポート:前節で改善されたレベルの守備を維持し、攻撃はバリエーション増加もスコアレスドロー

2020年10月19日 13:45 by akanuma_keiko



終わってみれば、『1点』を取りさえすれば勝てた試合だった。スコアレスドローに終わった前節(第26節・大宮戦)でベースとなるレベルに改善された守備は、今節でもそのレベルを維持していた。そして、守備の改善はチーム全体がコンパクトに戦えることにつながり、そのコンパクトさは10月16日の囲み取材で矢田旭が重視していた攻守での距離感の良さも生み出した。そして、今節の守備は、ターゲットマンの山下敬大へのハイボールの多用が目につき、バリエーション不足が感じられたものから、縦パスが増えたうえに山下が足下でボールを受けるなど多様化を見せた。だが、町田の守備を崩しきるまでにはいかず、決定機は山下がシュートを打った2回だけ。前節(第26節・京都戦)は3-0と快勝した町田を相手に千葉が主導権を握り、無失点に抑えていただけに、何としても勝点3を取りたかった千葉だが、2試合連続のスコアレスドローとなった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

岡野洵選手「行く時と行かない時の使い分けをもっと明確にしていかないと」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】プレビュー:連勝で勢いのある相手のサイド攻撃に対応し、相手にとって嫌なところを突いて攻めたい

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)