ジェフ便り

【千葉vs町田】レポート:前節で改善されたレベルの守備を維持し、攻撃はバリエーション増加もスコアレスドロー

尹晶煥監督「お互いにどちらかの集中力が切れるか、切れないかが勝負の分かれ目だと思う」

2020年10月16日 18:25 by akanuma_keiko

写真=2020年2月20日撮影

●尹晶煥監督:

Q:前節(第26節)の大宮戦は(攻撃で)元気がないというかパスミスがちょっと多かったような試合になったとは思いますが、ミーティングなどで選手にはどういうことを求め、訴えたのでしょうか。

「攻撃のところでミスが多かったんですけど、逆に守備のところはすごく良かったなと思うので、攻撃のほうは今日のミーティングでも余裕を持って攻めに行くという話と、それはいつものことなんですけども、(攻撃時に)落ち着かないところがあるので、それはこれからも改善していかないといけないところだと思います。そして、それもあるんですけど、やはり無失点で選手たちが最後まで守備のことを意識してくれたことを評価しているということも話しました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「守備は良くなっているんですけど、攻撃の時のアイデアがまだまだ足りない」

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

髙橋壱晟選手「(福岡は前回対戦時の)後半のアディショナルタイムで同点になってから負けていない。それを僕らが止められるようにやっていきたい」

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

新井一耀選手「チャレンジするのか、しないのかという一瞬の判断のところは、もっともっと伸ばしていかなきゃいけないと、自分自身思います」

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)